メッセージ

登山家 田部井 淳子 プロフィール

写真
【略歴】
1939(昭和14)9月22日、福島県三春町に生まれる
1962(昭和37)昭和女子大 英米文学科卒業
社会人の山岳会に入会し、登山活動に力を注ぐ
1969(昭和44)『女子だけで海外遠征を』を合言葉に女子登攀クラブを設立
1975(昭和50)エベレスト日本女子登山隊 副隊長兼登攀隊長として、 世界最高峰エベレスト8848m(ネパール名:サガルマータ、 中国名:チョモランマ)に女性世界初の登頂に成功
1992(平成 4)女性で世界初の7大陸最高峰登頂者となる
2000(平成12)3月、九州大学大学院 比較社会文化研究科 修士課程 修了
(研究テーマ:エベレストのゴミ問題)
現在年に数回海外登山に出かけ、現在70か国以上の最高峰・最高地点を登頂。(海外の登山歴印)
山岳環境保護団体・NPO法人日本ヒマラヤン・アドベンチャー・トラスト(略称:HAT-J) 所属。自然に親しみたい20~40代女性のための山の会MJリンク呼びかけ人。
【著書および関連本】
『それでもわたしは山に登る』文藝春秋2013年
『山の単語帳』世界文化社2012年
『タベイさん、頂上だよ~田部井淳子の山登り半生記』山と溪谷社2012年
『田部井淳子の 人生は8合目からがおもしろい』主婦と生活社2011年
『田部井淳子の 楽しい!山登り入門〈監修〉』PHP研究所2011年
『田部井淳子の はじめる!山ガール〈監修〉』NHK出版2010年
『田部井淳子の あんしん!たのしい!山歩きお悩み解決BOOK』毎日コミュニケーションズ2010年
『日本人なら富士山に登ろう!』アスキー・メディアワークス2010年
『田部井淳子の実践エイジング登山 いつでも山を』小学館2008年
『山で元気に! 田部井淳子の登山入門』(NHK『趣味悠々』テキスト)NHK出版2009年
『怖いもの知らずの女たち』(吉永みち子氏著)(関連本)山と渓谷社2009年
『山からの贈り物』角川学芸出版2007年
『高いところが好き〜最高峰に魅せられて〜』小学館文庫2007年
『山を楽しむ』岩波新書2002年
『はじめての山歩き』文化出版局2002年
『エベレスト・ママさん』山と渓谷社2000年
『エプロンはずして夢の山』東京新聞出版局1996年
【受賞歴など】
1975(昭和50)ネパール王国から最高勲章グルカ・ダクシン・バフ賞、文部省スポーツ功労賞、日本スポーツ大賞、朝日体育賞(現在朝日スポーツ賞)
1987(昭和62)チェコの天文学者Antonin MrkosがKlet展望台で小惑星を発見。エベレストの女性初の登頂に成功した日本の登山家、田部井淳子に因んでその小惑星の名を「6897Tabei」と命名した
福島県民栄誉賞第1号、埼玉県民栄誉賞、川越市民栄誉賞、三春町名誉町民、エイボンスポーツ賞
1992(平成4)文部省スポーツ功労賞(2度目)
1995(平成7)内閣総理大臣賞
2004(平成16)飛行家・探検家顕彰地球儀the Fliers' &Explorers' Globe(アメリカ地理学協会所有)への71番目の署名者となる。この地球儀は、世界で初めての飛行や冒険・探検を成し遂げた人々が署名してい る地球儀で、南極探検のスコットやアムンゼン、それにヒラリーさんも署名している。日本人では唯一の署名者となった。
2006(平成18)(財)ソロプチミスト日本財団千嘉代子賞
2007(平成19)環境大臣賞(環境保全功労者表彰)、野外教育功労賞(日本野外教育学会)
2008(平成20)2008 Mountain Hero Award(ワシントンにあるThe Mountain Instituteより受賞)
2009(平成21)日本放送協会(NHK)放送文化賞
このほかビッグスポーツ大賞(テレビ朝日主催)、日本フェアプレー賞
【委員等の役職】
福島県しゃくなげ大使、松本観光大使、魚沼特使、佐渡観光大使、尾瀬保護財団理事、ニッセイ緑の財団評議員、一般財団法人自然環境研究センター理事、住友生命健康財団評議員、NHK放送文化賞選考委員 他